景気」カテゴリーアーカイブ

就活:高卒の就活16日解禁 求人倍率は改善傾向

高校生の就活が始まりましたね。求人倍率は改善傾向とのこと氷河期は脱出したのかな?と言うイメージでしょうか。

——————————————————————–
高校生の就活、16日解禁 求人倍率は改善傾向

 来春卒業する高校生への企業の採用活動が16日、解禁される。高校生の求人倍率は景気の回復基調を反映して改善傾向だが、依然5年連続で1倍を割り込んでおり、一部に厳しさが残る状況だ。

 16日は休日のため、面接などの採用活動は17日から本格化する見通し。

 厚生労働省の調査では7月末時点で、来春卒の高校生の求人数は前年同期比18.1%増の約17万2千人。求人倍率は0.18ポイント増の0.93倍。建設業を中心に、医療や福祉分野でも企業の採用意欲が高まっている。

 ただ、求人倍率は2008年のリーマン・ショック前の水準には戻っていない。男子に人気の製造業の求人は回復しておらず、雇用のミスマッチも予想される。

 東日本大震災で被害の大きかった岩手、宮城、福島も求人数、求人倍率とも上昇。復興関連の建設業に加え、宿泊や飲食、小売業などでも求人が増えている。

ソース
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG15003_V10C13A9CR8000/