企業」カテゴリーアーカイブ

就職:小学校の算数もあやうい受験勉強フリー世代

皆さんは大丈夫でしょうか?

————————————————————–
小学校の算数もあやうい…受験勉強フリー世代の恐るべき実態

 近年の就職活動で避けては通れない壁の一つとして、「筆記試験」が挙げられる。少し前のデータだが、2011年度の大学生協就職本ランキングでも、上位5冊が全て筆記試験対策関連書籍であり、学生の関心の高さが見受けられる。

 現在では筆記試験の種類・受験形態も非常に多様化している。

代表的な例を挙げれば、リクルートが提供している「SPIシリーズ」、日本エス・エイチ・エル社の「玉手箱」や「CAB」・「GAB」、更に「内田クレペリンテスト」や「TG-WEB」、「SOCA」など、テストの種類を挙げればきりが無い。

 受験形態も、通常のペーパーテストから自宅で受験できるWeb形式、テストセンターなど様々だ。この他にも、企業によってはオリジナルのテストを作成したり、小論文を書かせたりと、独自の取り組みも目立つ。

 筆記試験の大半は、選考過程の中でも序盤、「面接に進む前」に実施されることが多い。いわゆる受験者の「足きり」である。

 どれだけ企業研究をしても、会社や仕事に対する熱い想いがあっても、筆記試験で結果を出せなければ面接にすら進めない。

学生が必死で対策に取り組むことも当然である。

 当然、大学のキャリアセンターでも筆記試験対策には力を入れている。

 中には外部の予備校などの有名講師を招き、講義を実施する大学もある程だ。

しかし、ここ数年で学生の学力に大きな変化が感じられるという。

 関西圏の大学を中心に、筆記試験講座を実施している講師に話を聞いてみた。

 「顕著に感じるのは「学力の差が大きく開いている」ということですね。筆記試験の科目では数学関連の問題が多いのですが、問題を解ける学生と解けない学生の差があまりにも大きい。極端な例だと、分数の通分ができなかったり、方程式の概念が分からなかったりと、正直、小学生の算数レベルから指導する場合もある程ですよ」

 また、ある大学関係者はこう語る。

「学生の学力低下は、何も学生本人だけの問題だとは言い切れません。ここ最近、AO入試や推薦入試が大幅に増えたので、「受験勉強をせずに大学に入る学生」が増加しているんです。一般入試でも、「受験さえすれば事実上合格にする」という基準を設けている大学もあると聞きます。少子化の影響で学生の獲得争いは熾烈な状況ですので、「大学への入学」は容易になりました。しかし、「きちんと企業から内定をもらって卒業する」というハードルが徐々に高くなっているように感じます。」

 また、企業の人事担当者にも話を聞いた。

「業種や職種にもよりますが、極論を言うと、「学力や筆記試験の結果が仕事の出来に直結する」とは言えません。しかし、社会に出て仕事をする中では、「自分で物事を考える力」や「現状を分析する能力」、「多少の困難でも諦めない継続性」が欠かせません。これらのことは勉強を継続して行う中で培われる可能性が高い。あまりにも筆記試験の点数が悪い学生であれば、「この子は困難なこと(この場合では勉強のこと)があればすぐに投げ出してしまうのでは?自分で物事を考える力が乏しいのでは?」という印象を抱いてしまいます。」

 就職活動で企業の人事担当が最も重きを置いて評価する点は「個々の人間性」であることは間違いないし、筆記試験の点数が良ければ内定を獲得できる訳でも無い。

 しかし、勉強を継続して行う中でこそ身に付く能力や素養もある、ということを忘れてはいけない。

(「内定塾」講師 阪口良平)

ソース
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130914/fnc13091412000009-n1.htm