起業」カテゴリーアーカイブ

就職:マンガ家になる?

今回はちょっと変わった職種”マンガ家”についてです。

世の中にはたくさんの職種がありますが、普通に高校・大学と進むと幅広い職種はいつのまにか除外されていたりしますね。

———————————————————–
マンガ家に“就職する” 夢を実現する条件とは?

 少しずつ涼しくなり秋の訪れか感じられるようになりましたが、そろそろ就職活動を控えた学生は将来について考え始めているのではないでしょうか? 子どもの頃に描いた夢を目指す人や、進路に迷っている人もいるかもしれません。中には「マンガ家になりたい」という夢を描いている人がいるかもしれません。果たして、どうすればマンガ家になれるのでしょうか? 一流のマンガ家を編集者として支えてきた作家エージェントの佐渡島庸平さんに、「マンガ家」という職業選択について、そして仕事選びについて語ってもらいました。

■マンガ家になるには?

 佐渡島さんはマンガ家の条件を「マンガが好きで好きで仕方がない。気がつけばマンガのことを考えている、という人がなっているし、成功しているのでは」と分析します。例えば、「宇宙兄弟」の小山宙哉さん。作画だけで最低、週75時間、マンガに取り組んでいると言います。1日15時間×5日で75時間。朝から晩までマンガに没頭して、時には家族と過ごす時間さえマンガに割くことも少なくない。「小山さんの場合、仕事をしているという感じではないです。マンガをやること=好きなことをやる、という感覚なので、端から見ていると、遊びに夢中になっているという感じです」。

 「Ns‘あおい」の、こしのりょうさんもマンガに対する愛情や、より良いものを作りたいという姿勢は並大抵ではないと言います。解説WEBマンガ「新抗体物語」は、製薬会社の協和発酵キリンと取り組んでいるもので、通常の雑誌などへの連載とは、一般的に性質が異なります。それでも「取っつきにくい免疫の仕組みをマンガで説明することで、どれだけの人に理解してもらえるか、という”“挑戦”に意義を感じ、取り組んでいるそうです。たとえば、修正依頼があった場合、客観的にみれば、指摘箇所だけ修正すれば問題ないようにも思えます。でも、こしのさんは、『そこを修正するなら、ここも直さなければ』と、作品作りへの妥協を許さない姿勢が常に見られます。すごい漫画家は、周りがどう言おうと、自分の納得がいくまで妥協しません」。

■途中からでも夢を実現できる

 そんな、こしのりょうさんですが、常に順風満帆だったわけではありません。「マガジンの増刊やモーニングで連載したけど、なかなかヒット作に恵まれなかったそうです。それでも、マンガをあきらめず、ずっと描き続けてきて、これでダメならやめる、くらいの覚悟で描いたのが「Ns’あおい」。奥さんが看護師の仕事をしていて、そばで支えてくれたので、その身近なテーマで描いたそうですが、それがヒットしました」と佐渡島さん。マンガに対する情熱を持ち続けた結果、夢を実現したそうです。また、前述の小山宙哉さんもデザイン会社のサラリーマンを経て、マンガ家に転身。「ナニワ金融道」の青木雄二さんは、マンガ家を目指し、20代で出版社に作品を持ちこむが、掲載には至りませんでした。その後、職を転々としながらもマンガを描き続け、45歳という遅咲きながら、「ナニワ金融道」でデビュー、大ヒットとなりました。

 “軌道修正”という意味では、佐渡島さんには別の持論もあります。将来を考える、夢を目指す、という岐路に立たされるときに、1つの選択肢をしぼるのではなく、「なんでもいいので、まず社会に出ることが大事」と言います。「ナニワ金融道」の青木雄二さんや「宇宙兄弟」の小山宙哉さん、「Ns’あおい」のこしのりょうさんは、マンガ家以外の仕事を経験しています。「まず、社会に出て経験を積んで、それから軌道修正――自分に合う仕事、やりたい仕事を探してもいいのではと思う」。佐渡島さん自身、はじめからマンガ編集者になりたいとは、思っていませんでした。学生時代は、大学院に進み文学の研究者になることも、考えていたそうです。「社会をみるために就職活動だけはしてほしい」という親の勧めで採用試験を受けることに。講談社から内定を受け、「文学の編集は、やってみたいと思った」と、就職することにしたと言います。しかし配属は希望通りにいかず、マンガ雑誌の編集部へ。「入るまではマンガの編集がどんなものか、全くわからなかった」と振り返りますが、実際、担当してみると、その仕事の面白さに気づき、没頭していくことになりました。

 これはマンガ家だけに言えることではないでしょう。自分が憧れているものに対して、並々ならぬ愛情を注ぐこと、そして、あれこれ悩むより、まず社会に出てみて、多くの経験を得ること。それが夢をかなえる最大の近道なのかもしれません。

ソース
http://thepage.jp/detail/20130908-00010000-wordleaf