大学」カテゴリーアーカイブ

就職:大学で社会人の基礎力を

社会人としての基礎力ってなんだろう?って思います。

—————————————————————–
大学の授業で社会人の基礎力を

 【Q】3年後期の授業が始まります。そろそろ就職のことが気になるのですが…

 【A】まず履修科目選択時に卒業後のキャリアを意識してみて

 夏休みが終わり、後期授業が始まる大学も多い頃。3年生にとっては専門分野の勉強が面白くなると同時に、卒業後の進路も気になり始める時期です。就職に有利な資格の取得を目指して専門学校などにも通い始める学生もいます。ダブルスクールのメリットもあるでしょうが、大学での学びは就職とつながらないのでしょうか。

 将来の仕事やキャリアについて考えるのに影響した経験を先輩学生に尋ねると、専門分野の勉強・研究を挙げる人が約6割、ゼミ・研究室の仲間や教員との関わりを挙げる人が4割台に上りました。社会人としての活躍を視野に入れた授業を大学は強化しており、近年、この傾向が強まっているようです。大学の授業をキャリア形成に生かすための履修科目選択の切り口を紹介します。

 まだ志望が曖昧な人は授業スタイルに注目して、社会人としての基礎力が身に付きそうな科目を履修することをお勧めします。プレゼンテーションが多い授業、英語で行われる授業、グループワークやフィールドワークを中心とした実習…。シラバス(授業計画の大要)を注意深く見ると、さまざまな授業スタイルがあることに驚くことでしょう。

 大学は社会に出て働くうえでの基盤となる力を身に付ける機会の宝庫。単位取得にとどまらず、将来のキャリアとの接続を意識して履修科目を選択してみましょう。(リクルートキャリア 就職みらい研究所主幹研究員 江田佳子)

ソース
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130918/trd13091807370003-n1.htm