気配り過多タイプ 説明 適職診断VCAP

適職診断VCAPのテスト結果「気配り過多タイプ」の説明です。

この気配り過多タイプは、全体で23番目に出現頻度が高いタイプです。

気配り過多タイプの業務上の留意事項

周囲に気を遣いますが自分自身の行動機軸はしっかりと固まっていないタイプです。仕事に対する責任感はあるので明確な指示と簡潔なフィードバックを出し続ける限り過不足無い仕事はするはずです。また周囲に気を遣いすぎことによるパフォーマンス低下が無いように仕事量で適度な負荷を与え続けたり環境に気を配ってあげる必要もあるでしょう。マネジメント適性はありません。

VCAPにおいて、この診断結果がでる方は、全体の約1.2弱%になります。このタイプの特徴としては年齢にかかわらず圧倒的に女性に多いということです。男性でこのタイプは珍しいといえます。良い言い方をすると女性らしい気配りができるタイプと言えます。

理知度が低く自由奔放性が高い値が出ると、この診断結果がでます(そのほかは標準値内)。

気配り過多タイプは常に周りの目が気になってしまうタイプです。特に論理的には正しくなくとも自信たっぷりに話す人物に付いて行ってしまう傾向がありますので、騙されないように注意が必要です。リーダー適性やマネジメント適性はあまりありませんので期待しないほうがいいでしょう。通常業務においてはルーチンワークのような比較的単純な作業が向いています。そういった業務に滞り無く、またストレスを感じずにこなすと思われますので、そういった業務に就かせるといいかと思います。

プライベートにおいては自主的というよりは人についていくタイプです。誘われたらいくというタイプです。押しに弱い面があるので、怪しい勧誘には気をつけましよう。

気配り過多タイプの診断結果サンプルは下記のリンクからご参照ください。

http://vcap.vone.co.jp/sample.php?type=BBCBA

適職診断テストVCAPを試したい方は下記のリンクからご利用ください。登録不要・無料でご利用できます。

http://vcap.vone.co.jp/ (適職診断VCAP)