適職」タグアーカイブ

共存タイプ 説明 適職診断VCAP

適職診断VCAPのテスト結果「共存タイプ」の説明です。

この共存タイプは、全体で11番目に出現頻度が高いタイプです。

共存タイプの業務上の留意事項

全てを任せてもリスクは少ない人物です。部下であれば誠実に働き、優れたパフォーマンスを上げることは間違いないでしょう。管理職としても経営と現場の中間に入って繋ぎ役になれます。この人物の優しさに部下が甘えることだけが唯一のリスクといっても過言ではありません。野心が強くないので期待を大幅に上回る働きをすることは少ないですが組織には絶対に定着させておくべき人材です。 

VCAPにおいて、この診断結果がでる方は、全体の約1.75%になります。このタイプの特徴としては女性に多いということです。また、性別問わず、年齢があがるにつれて増えている傾向が見られます。50代以上ですと男女差はあまりありません。いままで厳しかった父親がなんだか最近優しい、歳をとってまるくなったかな?、、といったイメージでしょか。

寛容性向にのみ高い値が出ると、この診断結果がでます(他の項目は標準値内)。

共存タイプは「あいつ優しよね」「いいやつだな」と周りからよく言われるでしょう。人の感情を共有するのが得意です。業務においてはよく気が利くタイプだといえるでしょう。ただ周囲を巻き込んで引っ張っていくといったリーダーシップを発揮するのは現状では難しいかもしれません。

プライベートにおいても人あたりが非常によく、周囲にうまく溶け込んでいくでしょう。あまり孤立してしまうことはありませんし、自身も一人での行動を好みません。

共存タイプの診断結果サンプルは下記のリンクからご参照ください。

http://vcap.vone.co.jp/sample.php?type=BABBB

適職診断テストVCAPを試したい方は下記のリンクからご利用ください。登録不要・無料でご利用できます。

http://vcap.vone.co.jp/ (適職診断VCAP)